依存

人に依存はできない。

なぜなら依存する相手がいないからだ。

だから自然と物に依存する。

買い物依存というやつだ。

人と関わりたいけれど

関わり方がわからなくて

何を話していいかもわからないし

相手を見れない。

それなら最初から関わらなければいい

という考え方に偏ってしまう。

コミュニケーション能力が0なので

友人もできない。

どうせ離れていくんだから

はじめから関わらなければいい。

と思うのだ。

僕の性格は至極歪んでいる。

それが原因なのだろう。

僕と関わる人は皆僕から離れていく。

それが余計に歪みを生む。

孤独は辛いと知って

そこから逃げ出そうともがけばもがくほど

孤独という闇に沈んでいく。

そこを照らす光はなく

差し伸べられる手もない。

だから入院しなければいけないらしい。





依存症 (文春新書)
文藝春秋
信田 さよ子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 依存症 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

共依存かもしれない—他人やモノで自分を満たそうとする人たち (10代のセルフケア)
大月書店
ケイ・マリー ポーターフィールド

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 共依存かもしれない—他人やモノで自分を満たそうとする人たち (10代のセルフケア) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「依存する人」を「変化を起こす人」にどう育てるか
日本実業出版社
内田 和俊

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「依存する人」を「変化を起こす人」にどう育てるか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"依存" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント