霞む

何をするにもやる気が起きなくて

今日は病院を遅刻。

まぁどうせ時間通りに診察されないからいいけれど

それでも3時間待った。

診察待ってる間にマンガを読んでいたけれど

すぐに読み終えてしまう。

だから、病院へ行く前に必ず本屋に寄って小説を探すけれど面白そうなのがない。

だからずっと音楽を聴いているのだけれど

流石に耳が痛い。

病院へ来ると何故かお腹を下す。

だから水分補給をするのだけれど

それで余計にお腹を下す。

メガネをかけていると、とても目が疲れるのでメガネを外すのだけれど

見える世界は霞んでいて

それでもいいかと思うのだけれど

メガネをかけてないと不安になる。

それで余計に目が疲れる。

待合いのだいぶ先の席でカップルらしき二人がいちゃついていたのを見て

愛だの恋だのがわからない僕はただ一言「バカだなぁ」と思った。

帰りの時間帯の電車が嫌い。

人が多いからだ。

駅は禁煙でもタバコを吸う人が近くにいると臭いで気分が悪くなる。

ヘッドフォン越しにでも聞こえる耳を劈くような声で話すオッサンを見ても気分が悪くなる。

同様に電車の中で大きな声で話す人も苦手だ。

小学生の頃「お前の話にはオチがない・中身がない」と言われていたが

電車内で話す人の話には僕からすれば「中身がない」と思う。

中身のある会話と言うのがわからないけれど

それは主観的なものなのだろう。

話している本人には中身のあるものなのかもしれない。

人間は難しい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック