負けた

欲しいゲームがあって

本体を持ってないのに買ってしまった。

自分に負けた。

情けない。

それでも悪あがきはしたので

限定版ではなく通常版を購入。

自分に勝てない自分が嫌い。

もうわからない。

どうしていいかわからない。

見れば欲しくなる。

見なければ欲しくはならない。

ただ、見ないというのは社会との隔絶であり、自己の放棄である。

それが僕の中の「見ない」ということである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック