再度病院へ

昨日寝る前は体温が36度台だったから

普通に寝ました。

んで、夜中の何時かは時計見てないんでわからいですが

とにかく寒気がひどくて目が覚めたわけですよ。

朝になって目が覚めると(6時くらいだったかな?)

身体が熱い!

熱を計ったら39.7度

病院が開く時間ピッタリに近所の内科へ再び

そこで言われたのが

「うちでは原因がわからないからもっと大きい病院を紹介します。」

あまり乗り気でない僕をよそに

紹介状をFAXしタクシーを呼ばれ

ちょっと遠い大きな病院へ

内科の「発熱者待合室」で横になっていると

受付の人が

「問診書けますか?」

と言うから問診書いて受付へ提出して

トイレに行ってると

マイクで名前を呼ばれて

残尿感MAXで受付に戻ると

また「発熱者待合で待っててください。先生が診察しますから。」

って言うから待ってたのに

先生らしき人は現れない・・・

しんどくて起きてられないから横になってると

前を白衣着た人が通り過ぎる

通り過ぎただけで何も話しかけてこないから

「診察する先生じゃないんだ」

と思い目を閉じる

何度か前を通る足音が聞こえるけれど

話しかけられるわけでもないからずっと目を閉じてたら

ようやく話しかけられたので

起きて診察室らしき方向へ誘導されると

「まだ使ってますね。ここで診察します。」

ん?ちょっと待て

と頭をよぎるが無視して質問に答えてたら

さっきの部屋から人が出てきて

「あ!使えますよ。行きましょう」

と言われ処置室へ

そこで血圧計って色々診察されてると

「取り敢えず検査しましょう。インフルと・・・」

ちょっと待て!と思い

「すいません。インフルは一昨日検査して陰性だったんですけど」

「遅れて出てくるインフルもあるんです」

「あと血液検査と、尿検査、点滴もしときましょう」

と言われ仕方なくインフルも検査したけど

結局陰性だったし

採血する人下手くそでとても痛かったです。

二時過ぎても誰も処置室に来ないから

「SPEC見れない・・・」

なんて考えてたら

医者が二人入ってきて

「ウイルス感染の疑いが強いです。HIVの検査もしていいですか?」

と言われて頭真っ白

二人が出て行ったあとに色んなことが頭をよぎって

取り敢えず余命だけは聞いておこう

とは思ってました。

結果は陰性でしたが

何のウイルスなのかは今日はわからない

おそらく伝染性単核球症だと言われて

「分かったら電話します」

「僕携帯持ってないんで」

「じゃあ紹介先の病院へ送るんで金曜日以降に結果を聞きに行ってください」

との事

検査結果一覧表をよーく見ると

僕の誕生月が8月になってる!

3と8って間違えやすいからなぁ

と思って医者と看護師に間違ってますと言うと

30分くらい電話しててようやく

「受付で新しい診察券を渡します」

んで今帰ってきたのさ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック